ホーム

産地作付け状況

産地 年度 商品 作付け状況 備考 写真 撮影日 添付ファイル
ミャンマー マンダレ- 2024 バター豆 作付け 2月上旬の収穫予定になりそうです。 昨年比で作付け面積は増えているものの、内戦や中国需要の影響でヤンゴンまで中々商品が届かず、高値で2024年ミャンマー産バター豆は始まりそうです。
2024-01-05 (All day)
ミャンマー マンダレ- 2024 バター豆 作付け 写真はマンダレーMyingyan周辺の圃場です。 地元集荷人情報ですと今年の作付面積はキマメの作付が増えバター豆は若干減ったようです。 生育に関しては今のところ順調で12月第2週ごろからの収獲を予定しているとの事です。
2023-10-31 (All day)
カナダ オンタリオ 2023 カナダ小豆/大手亡豆 作付け -概して、小豆畑と大手ぼ畑には定期的に降雨が続いています。また、 気温が平年よりわずかに低いため、豆が開花してさやが満たされるまで乾燥するのに役立ちました。 今後14 日間の予報は作物の発育にとって好まそうです。
2023-08-15 (All day)
カナダ オンタリオ 2023 小豆、大手亡豆 作付け オンタリオ州南西部の気象状況はかなり「極端」であり、5 月末から6 月の降水量は平年を大幅に下回っていましたが6 月の最終週には 15 ~ 20 mm の降雨量があり、干ばつ状態は大幅に軽減されました。7 月の最初の 7 日間には大雨が発生し、一部の地域 70 ~ 85 mm の降雨量が発生しました。それにともない一部の田畑が過度の降雨に見舞われています。 7月の長期予報では平均的な気温と降水量が予想されているため、これらの畑の回復を期待してみます。
2023-05-27 (All day)
英国 2023 マロハット豆 作付け 英国マルハットピースの作付け写真です。 概ね順調に生育しており、今年は22000㌧の収穫を予定しています。 写真はTakayama種とSakura種となっています。 2023-05-12 (All day)
ミャンマー 2023 小豆、バター豆他 刈取り 1)小豆 ほとんどはヒンタダとガティンチャウン タウンシップから来ています。作付数は昨年より多く今年は小豆の栽培が順調に進んだ2年目になる予定です。 他の地域では3月第1週に収穫します。小豆は農家の収益率が高い為、生産量は年々増加していくものと思われます。 2)赤竹豆 赤竹豆のほとんどは、ヒンタダ/ガティンチャウン産です。 この 2 つのエリアの総生産量は、昨年よりも約 150% も多くなっています。 これらの赤竹豆は、より高い価格、より多くの収量、より多くの耐性によってより多くのお金を稼いだため、この季節に栽培する農家の間でより人気がありました. パコック/ガンガウ/マダヤでは、農家はバター豆、黄竹豆、小白豆、スルタニピヤ、赤インゲン豆の代わりに、この赤竹豆を栽培しています.中国からの需要は強く 総生産量の 80% は、海上または国境を介して中国に輸出されています。 すでに 5000 トン以上が中国に輸出されているとのことです。 3) 黄竹豆 総生産量は昨年よりも少なく、ほとんどが日本、中国、台湾に輸出されています。 4) バタービーンズ、 ミャンマーには、マンダレー地域とマグウェイ地域の 2 つの地域で作付けします。 早生はマンダレー地域で収穫でき初期の収穫期には、地元の伝統的な新鮮なバタービーンズを野菜として食べることへの需要が非常に高くなります。 従い早生の乾燥豆は市場では入手できずらい状況になっています。 主な産地であるマグウェからバタービーンズの新作物がいくつか出てきますが、市場で入手可能な数量が少なくなっており、現地価格が上昇しています。 総生産量は栽培面積が少ないため昨年よりはるかに少ない収穫となることが予想されてます。
2023-02-10 (All day)
英国 2022 マローファットピース 作付け 雨不足により、2022cropのマローファットピースは全体的に小粒傾向である。 単収は平均3.0MT/ヘクタール程度となっている。
2022-09-03 (All day)
カナダ オンタリオ 2022 小豆 & 手亡豆 作付け カナダ産小豆及び大手亡の産地では、これまで降雨に恵まれず、乾燥した状態に悩まされていましたが、 多くの地域でまとまった雨が降り、 順調に着莢期を迎えているようです。
2022-08-10 (All day)
カナダ オンタリオ 2021 小豆 作付け オンタリオ州南西部生産者ではこの1週間半にわたって大規模な熱波が続いていましたが直近雨が降り適度な湿り気に戻りました。 全体として小豆、お手亡豆ともに現時点では順調に生育してます。 2021-07-04 (All day)
カナダ オンタリオ 2021 小豆 作付け 2021年産のカナダ小豆の作付け状況の写真です。 現状は概ね順調との報告が上がってきております。
2021-06-17 (All day)
ミャンマー ムンファイ 2021 小豆 作付け ミャンマーでの小豆の栽培状況です。 今年の収穫目標は100t程度の予定。
2020-12-18 (All day)
カナダ ミシガン 2020 小豆 作付け ミシガンエリアからの報告です。 順調に発育中です。
2020-08-18 (All day)
カナダ オンタリオ 2020 小豆 作付け 過去2週間、全体的な土壌が乾燥してきましたが、最近の雨のおかげで現在は通年通りの生育となっています。
2020-08-06 (All day)
カナダ オンタリオ 2020 大手亡豆 作付け 現在のところ順調に発育しているとのことです。
2020-08-06 (All day)
カナダ オンタリオ 2020 小豆 & 大手亡 作付け カナダ小豆および大手亡豆の作付け状況の写真を掲載しました。
2020-06-30 (All day)
ミャンマー マグエ 2019 小豆 (テスト栽培) 作付け 昨年より進めているミャンマーでの小豆栽培の様子です。 今年は日本へ輸出できる品質・量が確保できるのではと期待してます。  
2019-11-25 (All day)
カナダ オンタリオ 2019 小豆 作付け 現時点での2019年産のカナダ小豆の現地写真です。 雨が少なく発育が芳しくないとのことです。 10月中旬の収穫までにどの程度の雨が降るかによって収穫量が左右されますが、予断を許さない状況となっています。 2019-08-14 (All day)
カナダ オンタリオ 2019 小豆 & 大手亡豆 作付け 先週のオンタリオ州の作付けしている地域の大部分で降雨に恵まれましたが、週末にかけて気温が上昇すると予想されている為、成長に悪影響がでる可能性があるとのことです。 大手亡豆は昨年同様の反収を予想してます。
2019-07-26 (All day)
カナダ オンタリオ 2019 カナダ小豆 & 大手亡豆 作付け 全体として小豆および大手亡ともに順調に推移しているとのことです。
2019-07-16 (All day)
カナダ オンタリオ 2019 小豆 & 大手亡豆 作付け 2019年作のオンタリオ州の小豆と大手亡の作付けが先週完了したとのとのことですので、写真を添付します。例年に比べ、オンタリオ州の作付け量が少ないとの報告が産地より届いております。 またミシガン州では例年並みとの報告が届いております。
2019-06-28 (All day)
ミャンマー マンダレ- 2019 バター豆 作付け 2019年産バター豆の作付けが始まりました。 2019年産の産地価格の予想は2018年産並みとなっているようです。
2018-11-16 (All day)
ミャンマー マンダレ- 2018 小豆 ミャンマーでの小豆のテスト栽培を行い上々結果となりました。 来シーズンより本格的な栽培を行います。 2018-10-25 (All day)
ミャンマー マグエ 2018 小豆 作付け ラオスでの小豆栽培を断念し、今年からミャンマーにて小豆栽培にチャレンジしてます。 今年は25aでのテスト栽培ですが、現在のところは順調との報告です。
2018-09-28 (All day)
ミャンマー マンダレ- 2018 小豆 作付け ミャンマーでの天津小豆の栽培を始めました。 70エーカー程度で小豆栽培を行う予定です。
2018-09-27 (All day)
カナダ オンタリオ 2018 大手亡豆 作付け カナダ産大手亡豆の産地情報。  あと2,3週間にて刈り取り予定とのことです。  2018-08-15 (All day)